美容師の号泣は生暖かい

例えば、地球のことを知らない宇宙人に「カマイタチ」を説明するなら、どんなふうに説明する?「タイフーン」の性質とか、ううん、前提として地球のの説明から始まるかもしれないね。

トップページ >

騒がしくお喋りする姉ちゃんと僕

花火の時期だけれど、住んでいる場所が、行楽地で毎週夜に、花火が打ち上っている、すでに慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週、打ち上げ花火を打ちあげているので、ものいいもゴマンとあるらしい。
自分の、住居でも打ち上げ花火の音が大きくてひとり娘がびくびくして泣いている。
年に一回ならいいが、夏季の間、週末の夜、長時間、花火をあげていては、いらいらする。
さっさと終わればいいのにと思う。

汗をたらして歌うあいつと擦り切れたミサンガ
スイーツがたいそう好みで、バウンドケーキや和菓子を自分でつくるけれど、子供が1歳になって作るお菓子が制限されてきた。
私たちが非常に喜んで食べていたら、娘が自分も欲しがることは当然なので娘も食べられるお菓子を私がつくる。
私は、チョコ系がとっても好きなのだけれど、娘にはチョコ系などはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが健康にもいいと考えているので、砂糖を控えめに入れる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、たいそうつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

曇っている祝日の夕方はシャワーを

職場で着るスーツスカートを買いに向かった。
コムサ等フォーマルなお店も憧れるけれどギャル系のお店も有りだと思う。
若々しくてハキハキとした女物のショッピングビルで体のラインが出る服が多数。
金額はテナントによって差が表れるが、なんとなく安価。
店を選び、購入する物を探していたが、小さめの物が多く売られていた。
着た感じも、少しはお洒落に見える気もする。
良い感じのスーツ選びが達成できて、ちょっとうれしかった。

笑顔で自転車をこぐ友人と月夜
また、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
明日香と麻衣子は、私の専門学校の同級生で、一緒に学んだ仲です。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般と観光英語だったので、旅行が趣味だという生徒たちでいっぱいでした。
とくに、この2人を含む、仲良し6人でさまざまな地へ旅行に行った思い出は大切です。
私はもともとそれ程仲のいい友達が多くないし、それでそれで良いと満足しています。
なので、すごく喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足そうな顔をしていたのもツボでした。

そよ風の吹く祝日の日没は外へ

ツアーでも業務でも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、特に女の人はコスメや服など興味がある人も多いだろう。
韓国人は見た目へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての熱は素晴らしいといわれる。
就職活動や、パートナー選びの際に、日本よりもあからさまに判断するシーンが多いとか。
お国柄か、韓国で販売されるコスメは、美容に効果抜群の成分が、日本製より多く含まれているらしい。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待してしまう。

前のめりで大声を出すあなたと季節はずれの雪
珍しく心が折れそうな状態に浸ってしまい、何も苦しくなった。
特定の原因があるという訳ではなく、ふとした拍子に切なくなったり、今までの事が無意味に感じられたりした。
そんな時に、外に出る仕事ができた。
その上結構大きな会場でのイベントごとで、立派な案件だった。
こんな感じではいけないと思い自分を忘れて集中しているうちにカラリとポジティブな気分戻ってきた。
後で思うと安定感がない時、外出して太陽の光を浴びるという事をしなかったんじゃないか。
あまり部屋にこもらず活動するのも健康の一つかもしれないと思う。

喜んでダンスする兄弟とわたし

近頃、TVで、マックのチキンナゲットの味を再現するレシピというふうに流していた。
非常に似ていると考えて、家内にしてもらったが、マックのチキンナゲットの食感では残念ながらないけれどおいしかったです。
味わってみたら衣がちょっと違ったけれど、中身は、チキンといえばチキンだから、自分くらいの味覚では、少しの差は何とも思わず非常においしかったです。

雲が多い土曜の夕暮れに想い出に浸る
まだまだ社会に出てすぐの頃、無知で、大きなトラブルを起こしてしまった。
気にすることはないと話してくれたお客さんたちに、挽回の方法も思いつかず、悲しい顔をしてしまった。
同じく新人らしきお客さんが、スタバのマキュアートを差し入れと言ってくれた。
トチって2個頼んじゃってさ、とニコニコしながら全く違う飲み物を手に2つ。
背が高くて細身で、すっごく感じのいい顔つきをした良いお客さん。
悪かったな、と思い出す。

凍えそうな木曜の昼に昔を懐かしむ

スタートさせたら、ものにするまでに時間を要するものが、身の回りに数多くある。
パッと思いつくのが、外国語の習得だと思う。
と感じていたが、隣国で使用される韓国語は、例外ともいえるようで、日本語と語順が同じ、さらに発音がそっくりなので、取っ付きやすいらしい。
昔、韓国語を学んだ友達は、英語を勉強するよりわりと習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
ほんの少し憧れたけれどやっぱり韓国語の文字は記号にしか思えない。

自信を持って口笛を吹く先生と夕立
この白の一眼レフは、あまり大きな声では言えないけれど、浜で拾った。
昨日は、8月のはじめで、はじめで、普段より暑い日だった。
マリンタワーで恋人と言い合いになって、もう会いたくないと告げられた。
気を取り直そうと、自宅からここまでスクーターでやってきて、海沿いをじっと見ていた。
その時、少し砂に埋もれたこの一眼レフに出会ったのだ。
持って帰って、試しに夜の写真を一枚撮ってみた。
一眼の所有者より、良い線でとれているかもしれないと思った。
恋人の笑った瞬間撮りたいとか、思った以上にピント調節って難しいなー、とか思っていた。
明日あたり、どうにかして会えたら、恋人に自分が悪かったと謝ろう。
解決したら、この一眼、落とし主に届けるつもりだ。

サイトメニュー



Copyright (C) 2015 美容師の号泣は生暖かい All Rights Reserved.
↑先頭へ