美容師の号泣は生暖かい

アナタが想像する「豚の角煮」と、多くの人が考える「開発者」は、もしかするとまるで違うものかもしれない。そう想像してみると、なんだか変な感じがしない?

トップページ >

気持ち良さそうにお喋りするあの子と枯れた森

夏休みで呼び物がめちゃめちゃ多くなり、最近、晩にも人の往来、車の通りがすごく増えた。
地方の奥まった場所なので、平素は、深夜、人の往来も車の通りもほとんどないが、打ち上げ花火やとうろうなどがされていて、人の行き来や車の通行がめちゃめちゃ多い。
日ごろののんびりとした夜が妨害されて少々にぎやかなことが残念だが、ふだん、活気が少ない地方が活気があるように見えるのもまあいいのではないか。
隣近所は、街灯も無く、暗闇なのだが、人通り、車の行き来があって、活況があると陽気に感じる。

笑顔で口笛を吹く弟と季節はずれの雪
出張で、日光へ行くこととても多かった。
関東地方の北寄りに位置する日光は栃木県にあって、海に面していない県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、寒くなると雪が多く、除雪車やチェーンが必要だ。
紅葉が始まると、東北道で、2泊3日で行って、帰ってきてからまた2泊3日というスタイルが非常に多く、雑誌などメディアで日光の様子が紹介されると懐かしいとさえ感じてしまう。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい所だ。
少し述べさせてもらうと、ツアーのメインはやっぱり東照宮。
江戸をまとめた家康の墓があるところで、境内の立派な様子に驚くと思う。
また、山奥にある奥日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、白く、熱めの温泉。
この温泉を浴びると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮建立当時、このお湯を目標に湯治客が集まったようだ。
情景が想像できる古い歴史を持つ日光。
ホテルや民宿の紹介も兼ね,ツアーブックにたくさん記載されているここに、ぜひまた行ってみたいと考える。

夢中で叫ぶあなたと草原

いつも、なるべくシンプルな格好をしている私は、周りにビックリされるけど。
キャミや化粧品やヘアーアクセサリーまで揃い、ラインで使用したいと考えれば節約生活になりそうだ。
でも、ジルスチュアートは魅力的だ。

陽の見えない火曜の午後にお酒を
誰もが知る見どころになっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺式伽藍配置も思う存分見せてもらい、五重塔、講堂も目にすることができた。
博物館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも巨大なものだった。
この寺について勉強するにはおそらく、膨大な時を要するのではないかと思う。

寒い週末の昼は料理を

御盆が近づいて、「とうろう」などの催し物が近辺で遂行されている。
ほど近くのイベント会場では、竹やペットボトルで作られたとうろうが飾られていた。
付近の観光施設では、夜更けには電気の明かりは付けられてなくてなくて、灯ろうの中の光だけなのは、すごく幻想的だった。
竹やすだれに囲まれて明かりが輝いていて、繊細な灯りになっていた。
癒される光が周りの木々を照射していて非常に素敵だった。

悲しそうに自転車をこぐ妹とファミレス
かつて、両親は、私の対人関係に対し大分無理を強いてきた。
平均より遠のいてはいけない、とも。
凄くきつい過去だったと思う。
授業時間が終わると、ほぼ毎日嘘の話を楽しそうに両親に告げる。
そうすると、楽しそうな顔をするのだ。
微妙に変わったことをすると、嫌われる。
こんなことだけ思っていた過去の私と父と母。
切ない過去だと感じる。

ゆったりと体操する妹と濡れたTシャツ

先日の朝刊に、女性の眉の移り変わりをテーマにした、面白い解説が書き留められていた。
意味を知ると、いきなり色っぽくも感じてくるので面白い。
なんとなく、怖いもののようにも感じる場合もあるが、その昔は成人女性の印だという。
真実が分かれば、急に色っぽさも感じてくるので不思議だ。

気どりながらダンスする彼と壊れた自動販売機
その日は、石垣島に働きに出かけた。
当然非常に暑い!
ぴたっとしたカットソーの上から、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットは大変なことに。
ビジネスホテルまで着いて、ジャケットを洗剤で洗濯した。
乾いたらジャケットは桃の良い香りがした。
スーツが痛むのではないかと心配したけれど、何が何でも洗わなきゃいけない思っていた。

風の無い火曜の夕方は焼酎を

1年前から、鹿児島に住むようになって台風をたいそう気にかけることになった。
風が全く違うからだ。
佐賀に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるが、台風の強さが全く違う。
サッカーのゴールポストが走っていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、本当だった。
超大型台風が通った後は、高いヤシや大きな木は倒れ、海の横の道路は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海辺の家や旅館では、車のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが割れ、天井が壊れたりと嘘だと思っていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い家にいると家のきしむ音がとっても心配してしまう。

一生懸命口笛を吹く彼女とオレ
有名司会者が引退発表したから、ニュースやネットでたんまりやっているが、めちゃめちゃすごいなと思う。
また次の総理がどの人に決定するかという内容よりニュースでは番が速かった。
どなたが総理になっても変化しないと考える方もめちゃめちゃ存在するし、それよりは某有名芸能人が芸能界を辞めてというのが影響がでそうなんですかね。

サイトメニュー



Copyright (C) 2015 美容師の号泣は生暖かい All Rights Reserved.
↑先頭へ