美容師の号泣は生暖かい

「竹馬の友」のことを好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。興味のない人も。アナタが感じる「音楽家」って、どうなんだろう?

トップページ >

目を閉じて歌う姉ちゃんと飛行機雲

よく聞くアーティストはたくさん存在するけれど、20代になってから洋楽を中心に選んでいた。
でも、国内の歌手の中で、大ファンなのがCHARAだ。
charaはたくさんの曲を世に送り出している。
人気がある曲なのは、やさしい気持ち、月と甘い涙、罪深く愛してよなんか。
国内数多くのアーティストが知られているがチャラは周りに負けない個性がピカピカと光っている。
日本国内には、世界各国で活躍する歌手も多くいるが、彼女も人気が出るような予感がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
こう言った題名が作られることに尊敬する。
多くの作品の作詞と作曲もしていて私の意見としては想像力が豊かでカリスマ的な才能がある存在だ。
JAMのYUKIとコラボし、出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、好き。
カッコよかったから。
誰しも一度、思う、思われたい感覚の事を、うまく短文で表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに入賞されそうだ。

雨が上がった日曜の夜明けに足を伸ばして
健診は、毎回なぜか引っかかる。
脈だったり、数値だったり、尿だったり。
胃の検診をバリウムを飲み干して受けてみて、検査結果をもらうと、がんの疑いがあり、いち早く、診断を指定の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったというより、むしろ心ぼそかった。
すぐさま国立病院に検査に車で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃はずっと前から苦痛があったので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文で自分の名前とがんの疑念が存在すると書き記してあったら心配だった。

ノリノリで大声を出す母さんと暑い日差し

私は、部屋で一人で行えるような業務をして、たまにお声がかかると派遣先に仕事に参加する。
たった、何回かだけど、非常にめんどく思えて仕方ない。
こんなに面倒なら辞めてしまおうとか。
一日が始まれば張り切るけど、大勢のメンバーに囲まれて、チームで仕事をするのは大変だ。
本気で親に話すと、気持ちは分からなくない、など豪快に笑っていた。

蒸し暑い大安の午後は目を閉じて
ひとり娘とのコミュニケーションをすると、わが子はものすごく私につきまとってくれるようになる。
生まれてすぐは、仕事がとっても大わらわで、コミュニケーションをとることが少なかったため、たまに抱っこしても慣れてくれなかった。
親なんだけどと切ない胸中だったが、仕事の業務が激職だからと絶望せずに、毎回、休みの日にお散歩に連れていくらようにした、抱えても、お風呂でも普通になった。
此の程、出勤で玄関をでるとき、俺が居なくなることが寂しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

具合悪そうに体操する君と霧

喫煙は健康に一利もない。
と、指摘されても買ってしまうらしい。
正社員として働いていた時代、仕事の関係で紹介していただいたIT企業の重役のおじさん。
「身体が丈夫なのは煙草と焼酎のおかげです!」なんて明るく言い切っていた。
これくらい聞かされるとストレスのたまる脱ニコチンは無しでもOKかもな〜と思う。

騒がしく大声を出す兄弟と月夜
たしなむ程度の酒のおともに、ローカロリーで健康に良い食材を!と考えている。
しばらくのおつまみはトマト。
それ以前はさんま。
それにも飽きて、直近では明太子だけれど、お金がかさむので断念。
そして、新しいメニューを考案した。
スーパーで100円しないくらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と醤油を適量使用し味を調えたもの。
かなり価格はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

夢中でお喋りする先生と気の抜けたコーラ

此の程まで全く存在を知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツというものがある。
都会では、水遊び用オムツをはいて入れることろと入れない所があるとのことだ。
必ずや、他人からしたら、もれないオムツでも小便などふくまっているオムツで水に入られたら、いやだろう。
ただ、子供の親だったら、入れてあげたいと思うし。
それでも、逆の立場だとしたら絶対にいやだ。

控え目に口笛を吹く妹と僕
何年か前の暑い時期、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、水分摂取が大事だと思ったからだ。
乾燥した室内で、シャツ一枚、それにレモネードにハーゲンダッツなどなど。
だから、健康だと感じていた夏。
秋が過ぎ、やってきた冬の時期、前の年の冬よりももっと震えを感じることが多くなった。
オフィスを出る仕事が多かったこともあるが、寒くてほとんど部屋から出れないという状況。
なので、たぶん、真夏の生活習慣は冬の冷え性対策にもつながると考えられる。
しっかり栄養を摂取し、偏りの少ない生活をすることが懸命だと思う。

曇っている土曜の午前にお菓子作り

服屋さんって大変・・・と思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にファッションを選ばないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で働くときはスーツを着るといいし、メイクもしてればOKとされる。
外出するときは、自分が満足する格好をすればいいし、自宅で働くときはスウェットでも大丈夫。
なので、きっと、服を売るなんて商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきてファッションポイントや合わせ方を教えてくれる。
何故かそれに固まってしまい、買わずに去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う事の大きい理由の一つだ。

一生懸命歌う友達と暑い日差し
ここ最近、腹のぶよぶよとした脂肪を増やさない様にと思い筋トレを頑張っている。
2歳の娘を自分のお腹にしがみつかせて回数を数えながら筋トレをしたら、家族との遊びにもなって、娘も一から数を学ぶし、自分の脂肪もそぎ落とされるし、良いことばかりだと思っていたら、何日かは、きゃっきゃ言っていた小さなわが子も嫌になったのかやらなくなってしまった。

サイトメニュー



Copyright (C) 2015 美容師の号泣は生暖かい All Rights Reserved.
↑先頭へ